バンドルカードは病院で使えるか

NO IMAGE

具合が悪くなった時、特に乳幼児の場合、一秒でも早く病院で診察をしてもらう必要があります。

病院の支払う金額というのは普通の買い物と違い、診察が終了するまで金額がわからないので、少しでも多くのお金を持っていく必要があります。

ただ急に具合が悪くなった場合、お金をおろす余裕がないのが現状です。

出来ればクレジットカードを使えると、お金の心配をすることなく安心して診察してもらう事ができます。

バンドルカードはVISA加盟店で使えるVISAプリペイドカード

VISA加盟店であればどこでも使う事が出来ます。

しかし病院の場合、クレジットカード自体が使えない場合が多くあります。

そのためバンドルカードは全ての病院で使う事は出来ません。

患者にとってはメリットが大きくても、病院にとってはデメリットもありあまり導入されていないのが現状です。

大学病院や総合病院など規模が大きいほとんどの病院では、バンドルカードを使う事が出来ます。

しかし個人経営で規模が小さい所や田舎の診療所のようなところでは、まだ現金しか支払いが出来ないところがほとんどです。

そのためバンドルカードも使う事ができません。

バンドルカードは事前にチャージして使う事も出来ますが、後払いでチャージをする事も可能です。

急にお金が必要な場合、とても便利に使う事ができます。

このカードはプリペイドカードなのでカードを作る時に年齢制限や審査もないので高校生やフリーターの方でも作ることができます。

急に具合が悪くなった時に、お金の心配をせずに診察してもらえるという事で、とてもメリットの大きいカードです。

使えるかどうかは、最初に問い合わせをして確認しておくと安心です。

バンドルカードはお金を使うと履歴がすぐに更新されるので、自分がいつどこで診察してもらったかという事も残す事ができ家計簿としても機能しています。

カード社会になりつつ現在では、どんどんカードが導入されています。

日常生活に上手に取り入れる事をおすすめします。