バンドルカードで『支払い遅れ』『未払い』『滞納』があるとヤバイ!

バンドルカードの支払い遅れや未払いを放置すると

予想以上に支払額が多くなってしまったり、カードの支払いを忘れていたりして、未払いや延滞した経験がある人もいるでしょう。

バンドルカードの支払いが遅れてしまうと、運営側がさまざまな処置をとるので注意が必要です。

具体的には下記の3点です。

  • バンドルカードの利用停止
  • 年率14.6パーセントの遅延損害金
  • 第三者への債権回収委託

まず、バンドルカードの利用が停止され、支払日から1日ごとに加算される年率14.6パーセントの遅延損害金を請求されてしまいます。

他にもポチっとチャージに制限がかかったり、放置していると第三者への債権回収委託がなされることもあるんです。

第三者への債権譲渡とは?

第三者への債権譲渡というのは、運営側が債権を回収する会社にお願いをすることです。譲渡が行われると、未払い分を支払うよう、はがきやメールで通知が届くようになります。この通知を無視していると、法的処置がとられることもあるので早めに返済をしましょう。

前月にチャージの利用をした場合、未払いの状態だと当月の利用ができません。期日までは好きな時に支払うことができます。

期日を過ぎてしまうと信用が落ちるので、次回からチャージの利用を制限されてしまう可能性があります。制限がかかってしまったら、速やかにバンドルカードの支払いを済ませなければなりません。

滞納してしまった時はどうすればいいの?

では、支払期限が過ぎた支払いの未払い分はどのように対処をすればよいのでしょうか。

期限が過ぎてしまった支払いが未払いであれば、当然チャージの利用はできません。

アプリの支払項目を使えば、期限前の支払額や期限が過ぎてしまった支払額の確認を行えます。

手続きもこの支払項目から申請すれば、コンビニやATMでの支払いができるので、可能な限り早く支払いをするようにしてくださいね。

バンドルカードのポチっとチャージは、メールアドレスと電話番号があれば簡単に申し込みができます。

しかし、場合によっては利用できなくなることがあるんです。

バンドルカードでのポチっとチャージは、手軽に行えるのでとても便利なものです。どのカードにも言えることですが、バンドルカードの支払期限を守ることが重要になります。