バンドルカードは無料!注意点はリアルカードの発行手数料300円

NO IMAGE

バンドルカードは無料で使えるって本当?という人へ

バンドルカードは本当に無料で使えるの?と不安に思っていませんか?

でも、大丈夫です。使ってみましたが、普通に無料でした。

しかし使い方によっては有料の点もあるため、下記の2つを覚えておきましょう。

  • 後払いのポチッとチャージの手数料
  • 実店舗で使えるリアルカードの発行

スーパー、コンビニなどで使えるリアルカードを発行する場合には300円の手数料が必要でした。また、さらにランクが上のリアルプラスでは発行手数料に600円かかります。

また、便利なポチッとチャージでも多少ですが、手数料が発生します。

バンドルカードのメリットとデメリット

バンドルカードのメリットは、気軽に利用できることです。

アプリをダウンロード、インストールから登録をすませて現金をチャージすればいいだけだからです。

また、チャージ形式なのでお金の使いすぎを防げるというのもメリットの一つといえます。クレジットカードの場合には、便利ですがつい使いすぎてしまい支払いで困った状況に陥ることもありますが、そのような心配がいらない点は大きなメリットといえるでしょう。必要な分だけチャージして利用できるため、安心して利用できます。

バンドルカードのデメリットは、利用できないお店やサイトが存在することです。

すべてのお店や通販サイトで利用できるというわけではないため、よく行くお店やサイトなどに関して利用可能かどうかは自分であらかじめチェックしておくことも大切だといえるでしょう。

まとめ

バンドルカードは、利用してみると便利です。チャージして利用する必要がありますが、使いすぎを防止することにもなるため、クレジットカードでの買い物が不安という方にはおすすめのカードといえるでしょう。きちんと自分の利用したい額だけいれて利用していきましょう。

基本的には、アプリ型があればネット決済などが便利なためネット通販などを利用するという方にはおすすめです。リアルカードの場合には、ネット通販だけでなく実店舗でも利用できるのはメリットですが、発行手数料がかかるという点や実店舗などは、クレジットカードなど所有していればそれで支払えばいいだけなので、アプリ型でネット通販などの際に利用するというのが主流な使い方ともいえます。