バンドルカードで別アカウントを持つメリットとは?

NO IMAGE

電話番号だけで作れるバンドルカードは、クレジットカードとは違って前払い方式なので審査は不要です。最近「ぽちっとチャージ」という後払い方式の機能も加わりましたが、こちらも電話番号とメールアドレスだけで利用ができます。後払い方式は借金と同じような性質を持っているので危険ですが、最大2万円という制限があることからそれほどのリスクはないと判断されてのことでしょう。

バンドルカードは別アカウントを持つことができます。前述したように電話番号だけで登録できるからです。つまり、電話番号を複数持っていればいくつでもバンドルカードを作成できるということになります。フリーのメールアドレスは今はいくらでも手に入ります。氏名と生年月日の入力も求められますので、正直に書いていたらバレます。前払い方式ですので、別アカウントを持っていても見逃される可能性は高いです。なぜなら、前払い方式では発行会社側にリスクがないからです。

それ以前に、利用者にとっても別アカウントを持つメリットはないはずです。わざわざスマートフォンを複数台契約していたら基本料金がかかるというデメリットのほうがはるかに大きくなります。ところが、「ぽちっとチャージ」という機能がついたことで事情が変わりました。最大2万円まで前借りできるので、たとえば別アカウントを10個持っていたら単純計算で20万円まで前借りできます。

身分証明書の提出なども今のところは要求されていないので、理屈で言えばバレずに複数枚のバンドルカードを持つことができそうです。それぞれで「ぽちっとチャージ」を利用すれば2万円×枚数分だけ前借りができます。ところが、実際には「弊社規定によりNG」になるようです。どうやって判明しているのかはわかりませんが、一人で複数のアカウントを作成している人はバレてしまうようですね。他には「海外の電話番号を利用」「未成者が親権者の同意なく利用」などの理由でNGとなるそうです。結論として、バンドルカードで別アカウントを持つメリットはないということになります。