バンドルカードの発行会社を知っておこう

NO IMAGE

バンドルカードとはVISA加盟店で利用できるVISAのプリペイドカードです。

発行会社は有名なクレジット会社VISAなので安心感があるのが特徴と言えます。また使える店舗も日本国内でかなり多いので使い勝手が優れているのも特徴です。カードには2週類のタイプが用意されていて1つはバーチャルで2つ目はリアル、前者はスマートフォンのアプリを使い支払いをします。

すぐに利用できるのがメリットでプリペイドなのでクレジットカードのように使いすぎるといった心配がないです。特に学生におすすめの商品なので利用を検討してみるといいでしょう。VISAは国際カードブランドとして知られているのが特徴、日本だけでなく世界中で利用できるのが強みです。国際ブランドとは世界中で24時間いつでもクレジットカード決済ができるブランドを指します。

消費者はカードに書かれているブランドマークを確認して、店舗に同じマークがあるのならそのお店で使える仕組みです。基本的にVISAは自らカードを発行せずライセンスだけ発行をする仕組みをしています。発行会社はVISAの名前を利用して自社からクレジットカードを発行できるのが特徴です。つまりVISAのカードはかなりのブランドから提供されていてそれぞれカード会社独自の特典もあります。

気になるバンドルカードですが費用はバーチャルカードタイプだと必要ないです。手続きも簡単でネットを使って3分程度で発行をしてくれます。リアルカードは発行手数料が300円必要、リアルカードが届いてもすぐに使えないです。アプリを使いカードを有効化しないといけないので注意しておきましょう。またバンドルにはリアルプラスと呼ばれるものもあります。こちらは発行手数料が600円でリアルの別バージョンです。

こちらは海外のVIS加盟店でも使えるのが特徴なので、頻繁に海外旅行に行く人にとってはかなり役立つといえます。仮に紛失をしてもチャージ料金以上の損害がでないです。