バンドルカードのポチっとチャージ申請に落ちた理由はこの5つ!

NO IMAGE

バンドルカードをつくるときの審査は基本的にないのですが、ポチッとチャージという後払いのためのチャージ申請で落ちてしまうことがあります。

このページではポチッとチャージの申請で落ちてしまう利用を5つ紹介します。

バンドルカードに落ちた5つの理由

では、何がチャージ申請に落ちた理由となるのかというと、例えば規定に引っかかった場合があります。規定で問題になるものとしては、一人で複数のアカウントを所持していたり、海外の電話番号でバンドルカードを作っているとき、未成年者が親権者の同意なく利用した、といったことが考えられます。

申請に落ちる理由

  1. 一人で複数アカウントを所持
  2. 海外の番号で作った
  3. 未成年者が親の同意なく利用
  4. 使った料金の未払い
  5. その他規定に違反している

複数のアカウントですが、こういったサービスではよくあることで、むしろ普通の人が複数のアカウントをつくる必要性はありません。海外の電話番号を使っているというのも、これは日本で使うサービスですから、日本の電話番号を用意すればいいだけです。親権者の同意が必要というのも、未成年者であれば何かあったときに責任を追うのは親ですからそれも当然の話です。

ということで、バンドルカードを持つ上で守らなければいけないルールを理解していれば、チャージ申請は何も障害になることはありません。

未払いがあるとポチッとチャージ申請に落ちる

あとは使っていく中で、使った料金を期限が来ても未払いの状態だと、やはりチャージ申請に落ちてしまいます。こちらはいくら後払いができるとはいえ、計画的な利用と支払いができないのであれば、バンドルカードを持つべきではありません。クレジットカードとは違うと思っていても、やはり使い方によっては借金を作る道具になり得るものです。計画的な利用ができないのであれば、便利だからといって手を出すべきではありません。

これらのことから、バンドルカードのチャージ申請に落ちたというときには、あらためて規定やこれまでの使い方を見直して、改善する点を見つけましょう。