XLNTradeのデメリット7つ!両建て・スキャルピングは可能?

XLNTradeって危険なサイトじゃないの?デメリットは何があるのかな?と本当に使ってよいのか悩んでいませんか?

このページでは、XLNTradeの口座開設前にデメリットをしっかり確認しておきたい人のため、7個のデメリットを解説しています。

スキャ子
ひとつ、最初にお伝えすると「休眠口座になると高い口座維持費がかかる」という他社にないデメリットがあることに注意です。
危険サイトとは言えませんが、利用する前にデメリットをしっかり把握しておいたほうが良いですよ!

休眠口座になると高い口座維持費がかかる

XLNTradeの一番のデメリットは3か月間取引がないと休眠口座に指定されてしまい、口座維持費が発生することです。

口座維持費用は、3か月間以下の状態が続くと発生します。

  • 入出金がない
  • 新規ポジションの注文がない
  • ただし、保有中のポジションがある場合は取引活動とみなされる

普通に取引を行っている場合は休眠口座に指定される心配はないでしょう。しかし一時的に取引を休んだりする場合には注意が必要です。

スキャ子
私も最近使っていないので、解約するか悩み中…

口座維持費は100ドル(月額1万円)

XLNTradeで休眠口座に指定された口座に対しては、口座維持費を請求されます。口座維持費の金額は100ドル(1万円相当)です。他の海外FXで請求される維持費と比較すると、かなり高額といえます。

  • XMTrading:5ドル(500円相当)
  • iFOREX:15ドル(1500円相当)
  • GEMFOREX:15ドル(1500円相当)

口座維持費は口座残高から自動的に引き落としされます。もしXLNTradeで3カ月以上取引する予定がなければ、一旦残高をすべて出金しておくことをおすすめします。

MT4を使うメリットがなく、手続きも面倒

XLNTradeで利用できる取引プラットフォームは、PROFITとMetaTrade4(MT4)の2種類です。口座開設する際、どちらかのプラットフォームを選択できます。

  • PROFIT:XLNTrade自社開発のプラットフォーム
  • MT4:世界中で利用されている、メジャーな高性能プラットフォーム

ただし、2種類から選べるといっても現状の仕組みではProfit一択と言ってよいでしょう。

参考記事 XLNTradeのProfitまとめ!アプリ版はどう?MT4との違いは?

一方で、XLNTradeでMT4の口座開設する際には、以下の書類を提出する必要があります。

  • 写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 現住所が確認できる書類(公共料金明細書、健康保険証など)
  • クレジットカードの両面コピー・申告書

海外FX業者で口座開設する際、必要な提出書類はフォームからアップロードするのが一般的です。XLNTradeでも、PROFIT口座の場合はログイン後の画面から書類をアップロードできます。

一方でMT4口座を開設した場合、提出書類はすべてメールで送信しなければなりません。細かい点ではありますが、メール作成の手間が増えてしまいます。

XLNTradeは両建て・スキャルピングが禁止

XLNTradeでは、エントリー後から120秒以内に決済するスキャルピング(超短期売買取引)や両建てを禁止しています。

取引契約書には、スキャルピングが発覚した場合「XLNtradeは、予告なしにかかる取引を取り消す権利」を持つと記載されています。

仮にスキャルピングしても利益を取り消されるおそれがあるため、エントリー後120秒間は決済しないように注意しましょう。

海外FX会社には、スキャルピングを認めているものが多数あります。業者を選ぶ際には、以下の2点に注目すべきです。

  • 短期で取引を繰り返すため、スプレッド(取引手数料)が狭いこと
  • 約定力が高いこと
スキャ子

スキャルピング手法でトレードしたいなら、個人的にはTitanFX一択だと考えています。

2chや、レビューサイトでも高評価ですし、間違いないかと。気になる方は、下記の記事をチェックしてくださいね!

参考記事 TitanFX(タイタンFX)の評判!海外FXでスキャ&EAなら鉄板

新規サービスのため口コミ・評判が少ない

XLNTradeは2018年にできたばかりの新興のサービスです。そのためまだまだ運営実績に乏しく、利用するユーザーの生の声がほとんど見当たらないのが現状です。

スキャ子

私は、いつも口コミを見てサービスを使うか判断しています。だって、生の声こそがサービスの実力だと思っているからです。

だから、口コミが一番大事!

しかし、FX最大の口コミサイト「ForexPeaceArmy」を見ても、XLNTradeに関するレビューは1件もありません。

参考までに他の海外FX業者で検索すると、以下の件数レビューが見つかりました。やはりレビューが0件の業者は少ないようです。

  • XMTrading:490件
  • iForex:65件
  • LAND-FX:20件

また、国内の口コミも調査しましたが、結果はやはり0件でした。

  • 5ちゃんねる:0件
  • 知恵袋:0件
  • ツイッター:0件

ヤフー知恵袋では「XLNTrade」で検索すると、2件の投稿がありましたが大した情報ではありませんでした。参考リンク ヤフー知恵袋の検索結果

次に、5ちゃんねる掲示板ではスレッドが1件も見つからない結果に…

まだまだ国内・海外含めて情報が少ないですね。自分で使ってみて試しすしかないようです。

DD業者の可能性が高い(=私たち顧客が不利な可能性)

FX取引では、トレーダー(個人投資家など)の注文はインターバンク市場に流されます。インターバンク市場とは、金融機関が為替取引するマーケットのことです。

FX取引の注文方式は、大きく分けて2種類あります。

FXの注文方式 詳細
DD方式 トレーダーの注文は、FX会社が相手となって一旦決済し、FX会社はインターバンクに注文を出す
NDD方式 トレーダーの注文は直接インターバンクに通され、FX会社は仲介しない

どちらの注文方式を採用するかはFX会社によって異なります。国内FX業者はDD方式、海外FXはNDD方式が一般的です。

DD方式では注文の裁量がFX会社にあるため、顧客の注文をインターバンクに流さない=「呑む」こともできてしまいます。

「呑んだ」場合、顧客が負けるほどFX会社は利益を得られることになり、利益の相反が起こります。

このため、DD業者は故意に顧客不利の取引を起こす可能性もあるのです。

スキャ子
DD業者でも真っ当に運営している会社もありますし、XLNTradeで不正な取引の疑惑は報告されていません。しかし、不安は残ります。大切な資金を運用する業者ですから、慎重に選びたいですね。

入金にはVISAのクレジットカードが使えない

地味に痛いのが入金手段の少なさです。他社の海外FX業者では入金にVISAクレジットカードを使うことが多いですが、XLNTradeでは「JCB」か「MasterCard」だけ使えます。

下図のように、Profitの画面でVISAが使えない。。

XLNTradeのクレジットカード選択画面

Bitwallet経由では可能だと思われますが、いちいち経由するのは面倒です。

スキャ子

私はJCBのクレジットカードを保有しているため大丈夫でした。

VISAカードしか持っていない人は、新たにクレジットカードを申し込むか、bitwalletを経由するなど対応が必要です。

最後に、XLNTradeの良いところ

XLNTradeはセントビンセント・グレナディーン金融庁のライセンスを取得しています。

マイナーなライセンスではありますが、FX業者として一定の基準は満たしている証拠です。よって信頼性はあるといえます。

また口コミが無いとは言え、それなりの数の日本人が利用していることを考えると、トラブルの情報がないことはメリット言えますね。

運営実績や口コミは少ないものの、問題なくトレードができると考えて良いでしょう。

そして、XLNTradeのメリットと言えばボーナスがえげつないとこです。

個人的には、多少のデメリットには目をつぶって一度使ってみるのもアリと言える業者です。

XLNTradeのボーナス詳細はコチラの記事

↓↓

参考リンク XLNTradeの5回の損失補填と125%入金ボーナスを解説!

また、XLNTradeの特徴は、他社と違って取引前の口座の有効化が不要なことです。

口座の有効化では本人確認・住所確認書類の入手やメール送付が必要ですが、口座開設時点では必要ありません。

そのため、登録して入金すれば今日すぐに取引を開始できます。

スキャ子
日本語対応、追証なし(ゼロカット)、ハイレバという海外FXの醍醐味を備えていて、ボーナスがえげつない。

使うメリットは十分にありますね。ただし、デメリットはちゃんと把握しておこう!!