XLNTradeの口座開設方法まとめ!本人確認書類は何がいつ必要?

NO IMAGE

このページでは、XLNTradeで口座を開設する方法を解説します。XLNTradeの特徴は、他社と違って取引前の口座の有効化が不要なことです。

口座の有効化では本人確認・住所確認書類の入手やメール送付が必要ですが、口座開設時点では必要ありません。

そのため、登録して入金すれば今日すぐに取引を開始できます。

XLNTradeの口座開設方法

XLNTradeの口座開設方法を解説します。

ここでは、口座の選択でProfitを選ぶことだけ注意しておきましょう。

その理由は、損失補償ボーナスを受け取る条件だからです。損失補償ボーナスについて詳しくは下記のページで解説しています。

参考記事 XLNTradeの5回の損失補填と125%入金ボーナスを解説!

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものはメールアドレスだけです。また入金には、クレジットカードやデビットカードが必要なため準備しておきましょう。

  • メールアドレス
  • クレジットカード

口座開設の手順

口座開設はホームページにアクセスしてアカウント情報を入力して登録すれば完了です。実際のところ3分もかかりません。

①ホームページにアクセス

まずはXLNTradeのトップページへ行きます。以下の画面が表示されるのでオレンジ色の「取引口座開設」と書かれたボタンを押します。

②アカウント情報を入力

次に、以下の画面が表示されるので順番に入力してください。

必要な情報は以下の6点です。

入力(または選択)する項目 補足
名前 例:太郎 日本語(漢字)で大丈夫です。
苗字 例:鈴木 日本語(漢字)で大丈夫です。
メールアドレス GmailやYahooのアドレスなど。
口座 Profitを選択する。
Japanなど。
電話番号 携帯電話の番号で大丈夫です。

入力して「無料でアカウントを開設」と書かれたボタンを押します。すると、以下の画面になるので登録終了です。

登録されたメールアドレスにもユーザー名とパスワードが記載されたメールが届きます。なくさないようにお気に入りに保存するなど対策すると便利です。

入金してボーナスを得る手順

まずは登録後の画面や受信したメールからProfitへアクセスします。下図のオレンジ色のボタンを押せばOKです。

ログイン画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。パスワードはメールに送られています。ユーザー名は登録したメールアドレスです。

ログインするとProfitの画面が表示されます。

Profitの画面

入金には画面右上のオレンジ色の「入金」ボタンを押します。すると以下の画面が表示されるので「クレジット/デビットカード」を押します。

次の画面で入金額とクレジットカードの情報を入力して決済すれば入金完了です。ボーナスも自動的に反映されていますのでProfitの画面で確認してみましょう。

決済情報の入力内容

項目 補足
支払い金額 2万円以上入金して損失ボーナスを受けるのがベストです。
カード情報 VISA、JCB、Mastercardのクレジットカード・デビットカードが使えます。
カード番号・有効期限・CVV お持ちのカードに記載の情報を入力してください。
クイックデポジットのためにこのカードを保存しますか? 通常は「はい」でOKです。カード情報が保存されるので、次回入力の手間が省けます。

※上記リンク先から登録すると初回の入金額が2倍になります。

XLNTradeの本人確認書類が必要なタイミング

XLNTradeの口座を開設するとき、本人確認書類はいつ送付すればよいのでしょうか。

登録したメールアドレスから公式サイトにログインすれば、その時点から入金と取引は可能なのですが、それだけでは出金ができませんのでログインした時点で本人確認書類などを提出しておきましょう。

本人確認書類と住所確認書類

身分の証明をしなければならないので、ログインしたらPROFIT口座ホーム画面でドキュメントをアップロードします。身分証明書は運転免許証かパスポート、マイナンバーカードのうちの1点です。

住所の証明や公共料金請求書は6ヵ月以内に発行されたもので、電気ガスなどの公共料金か健康保険証、クレジットカードの明細か税金の領収書、または住民票か印鑑証明書のいずれか1点になります。

どちらの場合もカラースキャンが必要ですが、スマートフォンでのアップデートも可能です。

クレジットカードの情報

さらにクレジットカードで入金を行うなら、クレジットカードの情報も提供が必要になります。カードの表と裏に加えて、クレジットカードの申告書を提出しなければなりません。

申告書はXLNTradeからメールで送られてくるか、公式サイトからのダウンロードでも可能です。

申告書は詐欺を防止して顧客を保護するためのものですので、クレジットカードで専用口座に入金する場合、月2回程度の定期的な申告書の提出が必要です。

カードの情報を送る場合は、最初の6桁と最後の4桁の番号を見えるようにし、真ん中の番号と裏面のセキュリティコードは紙などを使用して伏せておきます。カードに名前が見えないときは、カードの明細を送ってください。

早めに準備しておくと良い

これらの本人確認書類と7ページもの取引契約書にサインしたうえで、アップロードしなければならないので面倒に感じることもあるでしょう。

しかし書類提出および認証が完了するまでは、出金手続きができませんからログインしたら早めに書類提出を行っておきましょう。