【どハマり注意】スキャルピングにおすすめな海外FX業者3選!

国内FX業者の最大25倍と違い、最大レバレッジが400倍や888倍、更には3000倍と桁違いのレバレッジで取引ができる海外FX。

低資金で多額のお金を動かせるので資金効率がとにかく良いです。

実際、海外FXを利用する人の多くが低資金かつ短期間で利益増大を狙った人達!

そこで、「海外FX業者のハイレバレッジをうまく活用しながらスキャルピングトレードをしていきたい。」

こんなスキャルピングトレーダーの為に、海外FXでスキャルピングトレードをするのにオススメなFX業者を3つだけに厳選しました。ぜひ、口座選びの参考にしてください。

スキャ重視なら『これだけは注意したい』の3つのポイントとは?

スキャルピング目的で海外FX業者を選ぶ際は、注意しておかなければいけないポイントが3つあります。

まずはそれらについて理解しておきましょう。

1.そもそもスキャルピング禁止の業者は選ぶな!

海外FX業者の中には、スキャルピングに制限を設けたり禁止している業者があるのをご存知ですか?

単純に面倒だったり、規約が日本語訳になっておらず利用規約を読み飛ばしてしまう人が多いですが、ココを取引前にチェックしておかないと利益の出金を拒否されたり口座を凍結されてしまう可能性も。

取引の停止くらいならまだしも、利益の出金まで停止されてしまった場合はそれまでの時間や労力は全て無駄なものとなり、かなりの痛手となってしまいます。

知らず知らずのうちに規約違反していた」なんて事のないよう、各FX業者のルールは事前にしっかりチェックしておかなければなりません。

スキャルピングを禁止しているのはほぼDD業者

FXでは、DD方式(Dealing Desk)とNDD方式(Non Dealing Desk)というシステムがありますが、スキャルピングを禁止しているのはほぼDD方式の業者です。

DD方式では顧客とFX業者の相対取引となる為、簡単に言うと我々が利益を出せばFX業者は損失を出すということになります。

顧客の注文に合わせて業者もインターバンクでカバー取引をするわけですが、短期間で連続取引が行われるとそのカバーが間に合わなくなる可能性もあります。

そのリスクを無くすために、DD方式のFX業者ではスキャルピングを禁止している業者が多いのです。

その逆で、NDD方式のFX業者はEAによる自動売買やスキャルピングに対しての制限がないところがほとんどです。

スキャルピングに制限を設けているDD方式の業者

スキャルピング禁止

  • GEMFOREX
  • is6com
  • iFOREX

ちなみにDD方式を採用しているFX業者では、価格急変動時にリクオート(約定拒否)やスプレッドの拡大も頻繁に起こります。

DD方式では投資家の注文はインターバンク市場でなくFX業者との相対取引なので、実際の為替レートと同じ価格で売買を成立させる必要はありません。

業者にとって不利益になりそうな場合は、リクオートしたりスプレッドを拡大させて損失を出さないようにしているのです。

2.約定力が高い業者を選べ!

スキャ子

「おかしいな、買いクリックしたのに注文入らないぞ?」と思ったらワンテンポ遅れてヒゲの先でエントリー、その後、瞬間で値が戻ってロスカット。

FX経験がある人ならこのイライラが分かると。。

約定力が低いとは?

  • 約定が1秒以上かかる
  • 約定拒否される

約定力の低さとは、「約定が1秒以上かかる」「約定拒否される」という事です。これらはスキャルピングをするうえで致命的です。

そのため、FX業者選びにおいては約定力は絶対に妥協できないポイントとなります。

では約定力が強いFX業者はどのように見分ければいいのか?それについては以下の2つを基準にすれば問題ありません。

  1. 取引サーバーが強い業者を選ぶのは必須
  2. DD方式ではなくNDD方式を選ぶこと

①取引サーバーが強い業者を選ぶのは必須

スキャルピングの命ともいえる約定力。これは単純にその業者がどのデータセンターを使っているかで決まります。

データセンターはいくつもあるのでそれらを説明するのは避けますが、スキャルピングトレードを目的とする場合はEQUINIX社(エクイニクス)のデータセンターに取引サーバーを置いているFX業者を選べば問題ありません。

EQUINIX社は世界の主要銀行も利用するデータセンターで約定もスムーズ、スキャルピングをするうえで1番信頼できるデータセンターと言えます。

EQUINIXにサーバーを置いているFX業者
  • Axiory(アキシオリー)
  • LANDFX(ランドFX)
  • MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • TradeView(トレードビュー) 

②DD方式ではなくNDD方式を選ぶこと

また、NDD方式のFX業者を選択するというのもポイントになってきます。

インターバンク直結式と言われているNDD方式では、DD方式と違い顧客の注文はFX業者との相対取引ではありません。

投資家からの注文をそのままインターバンク市場に流す為、FX業者の裁量で約定拒否されたりスプレッドを拡大されて不利益を被る心配がないのです。

NDD方式について詳しくは下記のサイトが参考になります。

↓↓

参考リンク NDD方式とは?|FX入門サイトエフプロ

3.スプレッドの狭い業者を選べ!

これは言うまでもありませんが、スキャルピングトレードはスプレッドが狭いほど利益を出しやすくなります。

500倍以上のレバレッジが有効な海外FXでは、10万通貨や100万通貨の取引きも可能です。

となると、1pipsあたりでは1000円や10000円ものお金が動くことになるのでスプレッドが広がれば広がるほどそれは損失リスクへと繋がります。

なので、FX業者を選ぶ際はスプレッドの狭さにもこだわっておきたいところです。

スキャルピングに最適な海外FX業者3選

スキャルピング目的の場合は以下の3つを基準にFX業者を選ぶのがベストだと言えます。

  • スキャルピング規制が無い
  • ECN方式の口座
  • スプレッドが狭い
下記では、3つのポイント全てに当てはまる業者を選びました。スキャルピングトレード目的で口座開設をするのであれば、この中から選べば間違いありません。

スキャルピングトレーダーに人気!TitanFX(タイタンFX)

TitanFXのイメージ画像

スキャルピングをするトレーダーの多くがメイン口座として使っているタイタンFX。

TitanFX(タイタンFX)の特徴はスプレッドが狭く約定力があることです。取引サーバーはEQUINIX社に置いているので、約定力について心配する必要がありません。

秒単位で決済する事が多いトレーダーには最適です。

EQUINIX社のサーバーの画像

 

日本語サポートも充実◎

公式サイトや取引ツールはもちろん日本語対応。

サポートとのやり取りは日本人相手なので英語が苦手でも問題なく利用できます。

業界トップクラスのスプレッドの狭さ!Axiory

とにかくスプレッドの狭さにこだわりたい人にオススメしたいのがアキシオリーです。タイタンFXと同じく「スプレッドの狭さ」と「約定力」が特徴です。

競合他社とのスプレッド比較

TitanFX Zeroブレード Axiory ナノスプレッド XM ZERO
取引手数料(往復分をスプレッド換算)  0.7pips 0.6pips 1.0pips
USD/JPY 1.03pips(0.33) 1.00pips(0.4) 1.1pips(0.1)
GBP/JPY 2.15pips(1.45) 1.20pips(0.6) 1.9pips(0.9)
GBP/USD 1.27pips(0.57) 0.9pips(0.3) 1.4pips(0.4)
EUR/USD 0.9pips(0.7) 0.8pips(0.2) 1.1pips(0.1)
EUR/JPY 1.44pips (0.74) 1.00pips(0.4) 1.6pips(0.6)

スプレッドだけで見ると他のFX業者より劣る通貨もありますが、取引手数料が安いのでそれを含めて見るとトップクラスの狭さです。

また、取引サーバーはタイタンFXと同じEQUINIX社のデータセンターを利用しているので、約定力も98.8%と業界トップクラス。

「約定力」と「スプレッドの狭さ」両方を兼ね備えたまさにスキャルピングトレーダー向きのFX業者と言えます。

板情報が見れる取引ツール「cTrader」がオススメ

アキシオリーでは、MT4のライバルツールとして最近トレーダーから人気の高い取引ツールcTraderが利用できます。

株式投資のような板情報が見られる為、現在価格の注文量や市場の流動性などの情報を知る事が可能です。

取引ツールは完全に日本語対応しており操作で不便する事はありません。

海外FXは不安!そんな人はXMの利用がオススメ

筆者がメインで利用しているXMです。公式サイトやサポートも完全日本語対応で、海外FXが不安な初心者向けのFX業者です。

取引コストは先の2社に比べ僅かながら割高、NDD方式とはいえサーバーはそこまで強くありません。秒単位での取引をメインとする場合はタイタンFXやアキシオリーに軍配が上がります。

安心して利用できるのがXMのメリット

XMは日本人が安心して利用できるというのがウリで、実際に日本人利用者数は海外FX業者の中でもトップです。

サポートはレスポンスも早く、入金も国内銀行入金が可能。

また、サイト内も日本語可されているので国内FX業者を利用しているのと変わりません。

資金の安全については、投資家の口座内資金は分別管理となっておりイギリスのバークレイズ銀行で保管されています。

もし仮にXMが倒産しても資金の安全は保障されいているので安心して利用する事ができます。

  • 安心して使いたい
  • 日本人から人気のある業者を利用したい
  • 分単位でのスキャルピングトレードがメイン

こんな人はXMの利用がオススメです。