海外FXのXM(XMTrading)の評判!秒速+30万からのロスカ…

海外FXに興味があり、XMが有名らしい。でも実際のところどうなんだろう??

  • 海外FXは初心者でもできるのかな?
  • XMで口座開設するべきか知りたい
  • 業者選びで絶対に失敗したくない
スキャ子
私も含めて、そんな疑問を持っている人のために、XMを実際に利用している方から情報を得て記事を執筆しました。

海外FXと言えば、レバレッジ888倍など超ハイレバの取引や口座開設時のボーナスが有名です。しかし、初心者がギャンブル的な取引を行えば、即退場になることは目に見えています。

『一発逆転を狙いたいのなら、はじめからオンラインカジノでも試せばよいのにな』とさえ思います。

上がるか下がるかさあ勝負!!そんなギャンブルをする前に、いまここで冷静になって実例をチェックしておきましょう。

XMとは?秒速で30万プラスでも、瞬殺でロスカットになる理由とは?

XMの最大レバレッジは888倍です。

国内のFX業者は最大25倍ですから、約177倍です。海外FXのXMの一番の特徴はこれです。

レバ888倍とは、1万円で1,000万円分の取引って事

私は500倍までのZERO口座を利用していますが、500倍でも十分です。規制前の国内FXは最大レバレッジが確か100~200倍でしたが、ちょっと比べ物になりませんね。

888倍がどのくらいハイリスクなのか、倍率では分りにくいと思うので必要証拠金で説明します。

画像にあるように、2019/6現在のドル円を1ロット10万通貨で取引するのに必要な証拠金は、レバレッジ888倍だとたったの12000円弱です。

つまり、10万通貨=10万ドル=1080万円…。1万2千円で1080万円の取引ができる。

どういう状況かというと、たとえば、某アメリカ合衆国のトラ●プ大統領が、

彼が、ちょっと変な発言してドル円が108円から1円上がって、109円になったとしよう。この一瞬で10万円の利益です。

もちろん逆もある…

でも、XMの良いところは国内業者と違って、負けてもマイナスにはならない事です。(ゼロカットシステムって言います)

このハイレバで熱いトレードをするのが、海外FXって感じです。10万、100万と利益を重ねていくか?それともゼロになるか。。

ちなみに、クレジットカードで入金できてしまうのも危険なところですね。歯止めが利かない人は要注意です。
ホント、危ない。
人生終わる人もいる…
でも、ちょっとだけ聞いて(笑)
例えば5万円だけ入金する。すると、ボーナスが貰えて10万円になる。口座開設ボーナスと合わせると、10万3千円。
これで、レバレッジ888倍の取引して、1円上がったとしよう。
たった1回のラッキーだけで、100万くらい儲かってしまうんですよ。その後は、キッパリと手を引いてしまえば良いんです。
1回くらい挑戦してみてはどうでしょうか?

→XMについて詳しくはこちら

※上記リンク先よりXMの口座開設すると3000円分無料で取引できます。レバ888倍だと3000円でも、けっこう凄い!

↓↓デメリットとか、彼の体験とかちゃんと読みたい人はまだまだ続きあります。

しかし、国内FX業者では25倍が最大

仮に同じドル円レートで10万通貨の取引をする場合、

108.2165×100000÷25=432866

となり、国内業者は43万円の証拠金が必要。でも、海外FXなら1.2万円でOK!

海外FXと国内FX、10万通貨に必要な証拠金で両者を比較してみると、その差は一目瞭然です。

海外FX 1.2万円
国内FX 43万円

1万円が、1日で30万に!でも…

レバレッジが大きくなれば当然自分の資金を失う確率も上がりますが、その反面、短期間で大きな利益が見込めるというメリットがあります。

10万通貨だと1pipsで1000円動きますので、上手く値動きにのれれば1日で10万単位で利益をあげる事ができてしまいます。

XMを始めて間もない頃、17000円の証拠金でレバ500倍エントリーした事があったのですが、偶然急落にのれて秒速で10万以上の利益、その後も値が落ちるごとにハイレバでポジション追加し1日で30万以上の利益を出した事がありました。約20倍です。

気を大きくし、得た利益全額で再びハイレバエントリーしたものの、すぐ逆に値が動き秒速でロスカット。

結局その利益はすぐに消え去りましたが。

資金を失うリスクはあるものの、個人的には1日で資金を20倍に増やせるチャンスはまずありませんし、ハイリスクトレードは使い方次第では得でしかないと思ってます。

ちなみに、今は口座開設するだけで3000円分取引できる。利益はちゃんと出金できるから、一発勝負してみるのも面白いかも。

→口座開設で3000円受け取るにはこちら

※上記リンク先より3000円分無料で取引できます。XMの口座開設は無料です。

直近のトレード履歴

2019/5月にXMの口座内に余っていた資金29000円から再スタート、ZERO口座で取引した履歴です。

トータルではマイナスなんですが、これを見れば10000円でも短期間でこれだけ動かせるというのが伝わると思います。

※クリックで拡大

XMでは3種類の口座が選べる。それぞれの違いと特徴

XMには3種類の口座が用意されていて、その中から自分の好きな口座を開設する事ができます。

→XMの口座タイプの詳細

XMの3種類の口座

  • マイクロ
  • スタンダード
  • ZERO

それぞれの口座の違いを比較しました。明確な違いはレバレッジとスプレッド、そして取引手数料の有無です。

各口座の違い

口座タイプ マイクロ スタンダード ZERO
1ロット単位 1000 100000 100000
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
手数料
最小スプレッド 最低1pips 最低1pips 最低0pips
保有可能な最大ポジション 200 200 200
ポジション毎の最大ロット 100 50 50

マイクロとスタンダードがレバレッジ888倍までなのに対し、ZEROでは500倍が最大レバレッジに設定されています。

また、マイクロとスタンダードは取引手数料が無料ですが、ZEROは取引毎に5USDの手数料が発生します。そのかわりマイクロとスタンダードに比べてスプレッドが狭くなっているという仕組みです。

※手数料は1LOT(10万通貨)あたり5USDですので、1万通貨であれば0.5USDとなります。

口座別 主要5通貨の平均スプレッド

口座タイプ マイクロ スタンダード ZERO
USD/JPY 1.6pips 1.6pips 0.1pips
GBP/JPY 3.3pips 3.3pips 0.9pips
GBP/USD 2.1pips 2.1pips 0.3pips
EUR/JPY 2.5pips 2.5pips 0.2pips
EUR/USD 1.6pips 1.6pips 0.1pips

スキャルピング派の私はZERO口座を選びました

私は短期間で細かくトレードするスキャルピングメインで、なおかつボラの大きいポンド円をメインに取引している為、スプレッドの狭いZERO口座を利用しています。

マイクロとスタンダード口座を開設した場合、入金ボーナスといって入金額の100%をボーナスとしてもらえるのですが、証拠金として使えるだけで現金として出金する事はできません。

入金ボーナスを推してるサイトが多く、実際無いより合った方がいいのは事実ですが、私個人としては別に入金ボーナスはいいかなという感じです。

スキャルピングや指標発表時を狙った細かいトレードするのであればスプレッドが狭いZERO口座、スイングトレードや長期トレードをするのであればスタンダードやマイクロ口座がいいですね。

→ZERO口座の詳細はコチラ

追証無し(ゼロカットシステム)!損失は自分の資金のみ

XMを含め海外FXでは、国内FXと違って追証がありません。

国内FX業者では追証があり、例えば楽天FXでは証拠金維持率が100%を切った時点で追加証拠金が必要になります。

参照リンク

楽天FXの追証に関するルール

これをそのまま放っておくと決められた期日に強制決済をされてしまうのですが、XMにはこの追証はありません。

また、相場の急変動で注文がとんでもなくすべってマイナス残高で決済された場合、国内FX業者はこれを補填しなければいけないんですが、XMにはこれもないです。

レバレッジが高くなればなるほどマイナス残高になる可能性も大きくなります。しかし、XMではマイナス残高は全てリセットしてくれるので損失は自己資金に限定されます。

低資金でレバレッジきかせた取引をする場合は当然ロスカットになりやすいですから、このゼロカット制度はとてもありがたいです。

英語が話せない。そんな不安は日本人スタッフからのメールで消え去った

海外FXをする時に1番不安だったのが英語を話せないことでした。

英語なんて全く話せないので、サポートが英語とか片言の中途半端な日本語だったら嫌だなーって思ってたんです。

でも、XMはそんな英語アレルギーの私でも大丈夫でした。

ホームページも日本語対応しているし、サポートのメールも日本人が対応してくれます。

※出金時のXMサポートからのメール

日本語サポートの休業日は事前にメールで知らせてくれます。

サイト内も日本語、サポートも日本人なので体感的には国内FX業者を利用しているのとさほど変わりません。

XMは入金がマジで楽。クレカで即入金すぐに反映!

XMには入金手段がいくつか用意されてます。

XMの入金方法

  • クレジット/デビットカードによる入金
  • bitwalletからの入金
  • sticpayからの入金
  • 国内銀行振込での入金

銀行振込は国内銀行振込で対応していますが、営業時間内の振込みで最短30分~1時間程かかります。

それに比べクレジットカードでの入金は手数料が無料で即反映。

いちいち銀行口座へログインする必要もないですし、外出先でもサクッと入金できるので私はいつもクレジットカードで入金してます。

 

XMへの入金に使えないクレジットカードもある

カード会社によってはXMへの入金を拒否される場合があります。

また、使えるクレジットカードはVISAとJCBのみで、マスターやAMEXは入金に使えません。

ただしマスターカードやAMEXで入金をしたい場合はbitwalletへ一度入金し、そこからXMへ入金すればOKです。

bitwalletからXMへの入金も手数料が無料で即反映されます。ただし、bitwalletへの入金には手数料が発生します。

sticpayでの入金は手数料がbitwalletに比べ割高なので私は入金手段として使っていません。

私がXMへの入金に使用しているクレジットカード

  • JCB Wカード
  • セブンカード
  • ファミマTカード
  • 三井住友VISAカード
  • NTTカード

※楽天ゴールドカードからの入金は拒否されました。

やっぱこれ。MT4でストレスフリーな取引

XMの取引プラットフォームはMT4とMT5です。

私はMT4を使っていますが、国内業者では対応していないMT5もXMでは利用できます。

世界で最も使用されている取引ツールなだけあって機能が充実してます。

→MT4の詳細はコチラ

MT4の特徴

  • 一度にたくさんのチャート表示
  • 50種類以上の豊富なインジケーター
  • EAによる自動売買
  • 過去データを基にトレードルールの検証
  • ワンクリック取引

国内FX業者が独自で開発した取引ツールは、使えないインジケーターがあったりチャート上でエントリーポイントが確認できなかったりと、取引でストレスを感じる事が多々あります。

それに比べMT4は、取引で不便を感じることはありません。

チャートも自分の好みに合わせて自由にカスタマイズできるので、かなり使い勝手が良いです。

インストール型のMT4

WEB版のMT4/MT5やスマホ・タブレット対応アプリもあるので外出先からトレードする場合にも便利です。

ブラウザで利用できるWEB版のMT4
スマホ・タブレット対応のMT4アプリ

XMは約定も安定!急騰急落でもすべらない注文

ポジションを持つ際に、約定されなかった、もしくはレートがスリップした経験ありませんか?

スリップは急な価格変動時によくおこりやすい。でも私がXMを2年程使ってきて、約定拒否や注文を通してから約定に時間がかかったりしたことは今のところ1度もありません。

たかだか何pipsのスリップならって思いがちですが、レバ500倍以上にもなるとそのたかだか何pipsが大きな損失に直結してしまいます。

資金に余裕を持ったスイングトレードをしている人たちにはそこまで気にならない事かもしれませんが、スキャルピングやデイトレードをしている人にとってはこの約定力はかなり重要になってきます。

これについても国内FX業者よりXMの方が上回ってますね。

XMは出金が面倒&手数料が高い…

XMのダメな部分を言うと、出金に関してですかね。

入金手段はたくさんあって非常に便利なんですが、出金手段は銀行口座への海外送金しかありません。

以前はbitwalletへの利益の出金ができたのですが、マネーロンダリング等の関係で現在はクレジットカードと同じ入金額までの出金(つまり返金扱い)しかできなくなっています。

従って、現状は海外送金の1つのみで今後もそれが変わる事はないと思います。

海外送金は銀行情報の入力がたいへん

海外送金が不便に思うのは、受取り先の銀行情報を細かく入力する必要があるということ。

例えば、自分の国内銀行口座にXMから出金する際には次の情報を英語表記で入力しなければなりません。

  • 受取り人名
  • 受取り人住所
  • 受取り人の銀行口座番号/IBAN
  • 銀行名
  • SWIFTコード
  • 銀行所在地
  • 支店名
  • 支店コード
  • 中継銀行名
  • 中継銀行のSWIFTコード
  • 中継銀行所在地
  • 出金額

これを各銀行のホームページ等で調べなければいけないので、それが面倒なんですよね。

銀行から確認の電話があると面倒くさい

高額な出金になるとほぼ確実ですが、海外送金があった場合は銀行から確認の電話が入る事があります。

これに出ないと出金処理が完了しません。

銀行の営業時間中は私たちも働いているわけですから、その確認の電話がちょっと煩わしいですね。

参照リンク

りそな銀行の被仕向送金に関する案内

出金する際の手数料が高い&着金に日数がかかる

手数料が高いのも海外送金のデメリット。

銀行によって差はありますが、だいたい5000円前後の手数料が取られてしまいます。

200USD以上の出金であればXM側でかかる手数料は無料になるのですが、

それでも振込手数料無料、108円~300円弱が日常化している我々にとっては、めちゃくちゃ損してるように感じてしまいます。

着金も長くて1週間ほどかかる事もあるので、急ぎの出金には向きません。

分離課税は適用外。海外FXは累進課税です!

海外FXでは分離課税は適用されないことに注意!

国内FX業者を利用しての利益については一律20.315%の税率で申告できますが、海外FXでは所得に応じて税率も上がっていくのです。

累進課税+総合課税が適用される為、会社の給料や副業収入など、すべての所得をまとめた所得に応じて税率が決められます。

累進課税の税率

課税対象となる所得額 所得税 住民税 控除額
195万円以下 5% 10% 0
195万円を超え 330万円以下 10% 10% 97500円
330万円を超え 695万円以下 20% 10% 427500円
695万円を超え 900万円以下 23% 10% 636000円
900万円を超え 1800万円以下 33% 10% 1536000円
1800万円を超え 4000万円以下 40% 10% 2796000円
4000万円超 45% 10% 4796000円

※会社の所得も合わせての計算なので、申告時は源泉徴収後の所得額で申告すれば税金の二重払いにはならない。

ただ、実のところ、これは私にとって現時点でそんな懸念事項ではありません。

何故なら、税率を気にする程利益が出ていないから…

全ての人がそうとも言えませんが、海外FXをするのは資産をたくさん持っている人よりも、資金が無いから低資金でお金を増やしたいという人が多いと思ってます。

現時点で資産のある人は税率を気にしてまず海外FXは利用しないでしょうから。

私の場合は税率が高いデメリットよりも、短期間かつ低資金でお金を増やせるチャンスがあるというメリットの方が圧倒的に勝っているという事ですね。

低資金からお金を増やしてある程度まとまった資産が築けたら税率を気にする、これが私のスタンスです。

ちなみに、海外取引だから無申告でもバレないだろうという考えは持ってはいけませんよ。銀行は100万円以上の送金があった場合、税務署へ報告するので隠しても100%バレます。

XMはどう使うべき?

以上を踏まえて海外FXの初心者の人が、XMをどう使ったらよいかまとめました。

まずは1万円~10万円の低資金で始める

最大レバレッジが888倍なので、いきなり全力投球でお金をつぎ込んでも資産を全部狩りとられる可能性がめちゃくちゃ高いです。

30万以上の利益を秒で失った経験からも断言できます。

とはいえ、レバレッジを下げた取引となるとわざわざ海外fxを利用するメリットも感じません。

レバレッジ管理ができない奴は負け組みたいな事を資産を持っている人は言います。しかし、それはある程度のまとまったお金を動かしている人に言えることです。

そのスタートラインに立てていない私には関係ありませんね。

まずは1万円などの低資金で始める。

低資金なら、仮にそのお金で利益を出して全て失っても実質は最初の1万円がなくなっただけなのでまだまだ再起可能です。

それにXMで最大レバレッジで取引していれば、1万円スタートでも勝ち続けた場合の利益の増加スピードはめちゃくちゃ早いですから。

XMを使うのは2000万の利益が出るまでにしておく

出口を決めておくという事です。

累進課税なので、利益が出れば出るほど税率は上がり、4000万円を超えれば55%もの税率がかけられます。

単純計算で1億利益が出たら5500万は税金で納めなければいけません。

私は低資金で動かしている程度なのでここは気にしていませんが、大きなお金を動かしていきたいなら、ある程度の段階で国内FX業者に切り替えた方が税率面でのメリットが大きいと思ってます。

そのため、私はXMで2000万程の資産を築くのが目標です。(納税後の手元に残るお金で)

それまでは税率とかは特に気にしません。

2000万のお金を作れた場合、実際には税率面で損をしているかもしれませんが、私はそれでいいので。仮想通貨も税率同じですし。

ある程度のまとまった資産が築けたら国内FX業者や株式投資にも挑戦したいなと思ってますね。

出金はこまめに、利益の半分ずつ

ある程度の利益が出た段階で、利益の半分や75%をこまめに出金しておくことをおすすめします。

いくら日本人スタッフがいて、日本語対応をしているからとはいえ、海外業者です。

まれにですが、海外送金は理由も分からず送金が途中で止まる事も起こるみたいですし、何かあった際にXMに直接訪問というわけにもいきません。

なので、その辺のリスク管理はしておいた方が良いかなと思ってます。

  1. 1万円から始め、20倍の20万になったら10万を出金
  2. 残った10万円を元手に取引し、10倍の100万になったら75万円を出金

など、自分の中で出金ルールを作っておくといいかもしれないですね。

まとめ

以上、海外FX業者のXMについて、私の実際の利用体験をもとに書いてみました。

海外業者の利用が無い人は不安に思う気持ちが大きいと思いますが、XMは日本語対応ですし、入金手段も豊富など実際に使ってみると逆に便利に感じる事が多いです。

出金時や、税制、レバレッジによるリスクもしっかりと認識したうえでの利用であれば、国内FX業者よりも使い勝手が良いのは間違いありません。

海外FX業者は他にも何社かありますが、その中でも日本人に一番人気なのがXMです。

海外FX業者をどこにしようか悩んでいるのであれば、まずはXMから登録するのが良いと思いますよ。