XMの口座開設にかかる時間や日数は?今すぐトレードしたい時は?

  • 2019年7月7日
  • XM

この記事では、XMの口座開設にかかる時間や日数について詳しく解説していきます。

XMの口座開設にかかる時間は2分程度です。しかし、その後トレードをはじめるためには『口座の有効化』という手順が必要です。

XMの口座の有効化と含めると2~3営業日くらいで取引を開始できます。

XMの口座開設にかかる時間や日数はどのくらい?

海外FX業者のXMの口座開設は、オンライン上で申し込みができます。

手続きの流れは難しくありませんが、すぐにトレードを始められるわけではありません。ここでは、XMの口座開設にかかる時間や日数がどのくらいなのか説明していきます。

デモ口座の開設は数分程度

XMではリアルの口座を開設する前に、デモ口座を開設できます。デモ口座はデモ環境でのトレードができる口座で、利用するメリットをいくつか挙げてみました。

デモ口座のメリット

  • 有効期限なし!納得のいくまでFXのトレードを試せる
  • 「スタンダード口座」と「XM Zero口座」の2つを開設して、スプレッドの違いを確かめられる
  • 設定したチャート画面をそのままリアルの口座に移行して反映させられる
  • リアル口座とは違い、取引する前の本人確認書類の提出は必要ありません。

XMのデモ口座は、初めてFXトレードをスタートする方におすすめですね。

「口座開設フォームに情報を入力」⇒「確認メールのボタンをクリック」⇒「MT4をインストールする」⇒「MT4にログインして取引開始」と、XMのデモ口座を開設するまでの時間は数分程度で済みます。

リアル口座の開設は2分で完了、3000円ボーナスが貰える

XMのリアル口座の開設も、僅か数分程度で完了します。以下では、XMの口座開設の大まかな流れをまとめてみました。

XM口座開設の手順

  1. XMの公式サイトにアクセスする(口座開設だけで3,000円のボーナスがもらえる)
  2. 「個人情報」「住所詳細」「取引口座詳細」「投資家情報」「口座パスワード」をフォームに入力する
  3. 利用規約への同意にチェックを入れて、問題なければ「リアル口座開設」をクリックする

たったこれだけの手順ですので、XMの口座開設の方法は難しくありません。

あらかじめ入力する情報がわかっていれば、2分程度で口座開設の手続きは完了するでしょう。

海外FX業者は国内のサービスとは違ってハイレバレッジが魅力的なポイントですので、「どこに登録すれば良いの?」と迷っている方はXMを選んでみてください。

リアル口座の有効化までの日数は最長で3営業日以内

「XMのリアル口座を開設したらすぐにトレードできるでしょ?」と考えている方はいませんか?しかし、XMでFX取引を行うには、必要書類をアップロードしてXM側に承認してもらう有効化の手続きが必要です。

XMのリアル口座の有効化は次の3ステップです。

リアル口座有効化の手順

  1. 必要書類を写真撮影したりスキャンしたりする
  2. 必要書類をWeb上でアップロードする
  3. XM側で書類確認が終わると口座が有効化する

本人確認書類や住所証明書類をアップロードしてリアル口座が有効化されるまでの日数は、最大で3営業日以内です。

XM側で書類の確認を行うのは、土日や祝日を除く平日の5日間のみですので、金曜日に手続きを行うと口座が有効化するのは翌週の月曜日になりますね。

具体的な時間はカスタマーサポートの混雑状況で変わるため、「○○時間で有効化は完了する」とは特に決められていません。

アップロードした書類が正しければ数時間以内に有効化は完了しますが、書類に不備があると時間がかかりますので注意が必要です。

XMの口座開設で必要な書類については、下記のページで解説しています。

↓↓

参考記事 【実例あり、スマホ写真でOK!】XMの口座開設の書類まとめ

取引ツールのインストール時間は1分~5分

XMでトレードを開始するには、取引ツールのMT4(MetaTrader4)とMT5(MetaTrader5)を最初にインストールします。

アプリのインストールの所要時間は1分、初期設定は4分程度で終わりますので、トータルで5分もあれば完了です。

リアル口座の有効化さえ完了すれば、すぐにXMでFXのトレードを始められますので安心してください。