【実例あり、スマホ写真でOK!】XMの口座開設の書類まとめ

XMの口座って有効化が必要なんだー、ちょっと面倒…。なんて悩んでいませんか?

このページでは、XMの口座開設書類に何が使えるのか、すぐに終わるのか?など、みんなが悩むポイントをまとめました。

  • スマホの写真でもOKなの?
  • 本人確認に使える書類は?
  • 住所確認に使える書類は?

XMの書類のアップロードはスマホの写真でも良いの?

結論から言うと、スマホの写真でOKです。

本人確認書類は免許証をスマホで1枚送りました。(住所が変わっているので、裏面も送りました。)

ちょっと斜めになってしまったけども大丈夫でした。

住所確認書類は住民票で、こちらもスマホで写真を撮って送りました。

結果、ちゃんとXMで口座開設できましたよ!XMの口座が有効化された連絡のメールを載せておきます。

 

XMの口座開設に必要な書類

XMの口座開設には、本人確認書類と住所証明書類の2つが必要です。身分証明書1点と現住所確認書類1点の計2点をマイページからアップロードしましょう。

例えば、「身分証明書1点」「2点の住所証明書類」での口座開設はNGですね。ここではXMの口座開設でどの書類を提出すれば良いのかまとめてみました。

本人確認書類

XMの口座を開設するには、本人だと証明する本人確認書類(身分証明書)が必要です。基本的に公的に認められている書類でないといけません。

XMで使える本人確認書類は次の7種類です。どの書類をアップロードしてもOKですが、「白黒ではなくカラーコピー」「顔写真が入っている」「有効期限内だと確認できる」という3点には注意しましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 障害者手帳
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証または在留カード
  • 特別永住者証明書

住所証明書類

XMの口座開設では、本人確認書類と合わせて次の住所証明書類を用意します。有効期限内であるとともに、同じページに名前と現住所が記載された住所証明書類なのが条件です。

基本的に6ヵ月の期限が設定されていますので、発行日が確認できる住所証明書類を1点用意してXMの口座開設の手続きを進めてください。

住所証明書類

  • 発行されてから6ヵ月以内の住民票
  • 発行されてから6ヵ月以内の公共料金明細書
  • 銀行またはカード会社の請求書類
  • 健康保険証(有効期限内で市区町村役場が発行する国民健康保険証に限る)
  • 発行日より6ヵ月以内の納税通知書(領収証書)などの租税通知書
  • 発行日より6ヵ月以内のクレジットカード/銀行利用明細書

XMの口座を有効化する流れ

  1. MT4/MT5のIDとパスワードを入力してXMのマイページにログインする
  2. 「お客様の口座は有効化されていません」と画面上に表示される
  3. 「こちらより口座を有効化する」をクリックしてページを進める
  4. 身分証明書1点と現住所確認書類1点をスキャンしてアップロードする
  5. 証明書類アップロード完了通知のメールがアドレスに届く
  6. 本人確認書類のアップロードから3営業日以内に有効化が完了

あらかじめ口座開設に必要な書類を用意しておけば、XMの口座開設はスムーズに進みます。

登録したメールアドレスにお知らせのメールが届きますが、XMから電話や郵送物が来ることはほとんどありませんので安心してください。