XMでビットコイン取引をする際に必要な証拠金は?

  • 2019年6月9日
  • XM
XM

XMではFX取引だけでなく5種類の仮想通貨取引もできます。

今回はXMでビットコイン取引する際に必要な証拠金についてまとめました。取引する際の参考にしてください。

XMでビットコイン取引をする際の証拠金計算のしかた

XMでのビットコイン取引では段階式証拠金率が適用される為、保有するロット数に応じて自動的にレバレッジが設定され必要証拠金も変わってきます。

ビットコイン取引時の必要証拠金

ロット数 段階式証拠金率(%) レバレッジ
0-3 20 1:5
3-5 30 1:3.33 (概数)
5-7 50 1:2
7+ 100 1:1

参考リンク証拠金とレバレッジ

リンク先の情報を見て分かる通り、XMのビットコイン取引は最大レバレッジが5倍までしか取引できません。さらに、5倍として取引できるロット数も3までになります。

それ以降は段階的に証拠金率があがっていくので、途中でロットを追加する際はこれを参考に必要証拠金を計算していく必要があります。

2.5ロット、10ロットの場合の例はこちら

自分で計算せずにサクッと知りたい人はこちらを参考にしてください。

※計算にあたり、ここではBTC/USDを2019/6現在の価格8685USDと定めています。

証拠金の計算式

XMでビットコインのポジションを持つ際の必要証拠金は、次の計算式でもとめます。

計算式 必要証拠金 = ロット数×取引サイズ×建値×証拠金率

<例1>2.5ロットのBTCを8,685USDの建値で取引する場合

2.5×1×8685×20%=4342.5

8,685USDの建値で2.5ロットの取引には4,342.5USDが必要です。

<例2>10ロットのBTCを8,685USDの建値で取引する場合

10ロット分計算して…

3×1×8685×20%=5211

2×1×8685×30%=5211

2×1×8685×50%=8685

3×1×8685×100%=26055

全部足します。

5211+5211+8685+26055=45162

すると、この場合は45,162USDの証拠金が必要です。

XMでの仮想通貨取引にはメリットがない2つの理由

XMでビットコイン取引をする場合、最大レバレッジが5倍までなので国内の取引所と一緒です。何よりも証拠金の計算が複雑ですし、わざわざXMで仮想通貨を取引するメリットはありません。

ビットコインFXを取引をするのであれば、国内の取引所であるビットフライヤーやGMOコイン、もしくは海外取引所のBITMEXを利用する事をおすすめします。

ただ、ビットフライヤーは急な価格変動時に注文が通らなくなってしまう事があり、GMOコインもスプレッドが大きく開いたりしますので、この中ではBITMEXが一番安定して取引できます。

XMと同じで追証もなく最大レバレッジが100倍ですので、少ない資金で大きな取引も可能です。