バンドルカードを使う時の名前はこれです。カタカナで名義の署名って?

バンドルカードはVISAのプリペイドカードです。つまり使い方はVISAのクレジットカードと同じで、ただしプリペイドなのであらかじめ入金して置いた金額までしか使えません。そう思って使えばいいわけですが、実際に使い始めると戸惑う事があるかもしれません。

それは名前の問題です。クレジットカードなら当然ですが契約者の名前が書かれていて、利用するときにはその名義人としてサインします。オンラインなら入力します。

普通は名義人は自分ですから何も迷ったり間違えたりすることはありません。

バンドルカードを使う時の名前

しかしプリペイドカードの場合にはどうなのでしょうか。バンデルカードの場合は無記名ですので、名義人は利用者の名前ではありません、すべて共通で姓がVANDLEで名がUSERとなっています。

少し間違いやすいかもしれませんので注意して入力してください。この名義人名、カードホルダーはインターネットで買い物をする時に求められたときに必要になります。重要なのはネットでの買い物の時だけだという事です。

プラスティックカードの裏面には他のクレジットカード等と同じように、自分で署名をするようになっていますので、そこにはご自分の名前を書いて下さい。

つまり使う場面によってカードホルダーである名義人名と自分の本当の名前のどちらかを選ばなければならないのですこし混乱するかもしれませんので注意しましょう。

わかっていて慣れていれば何の問題もない事ですが、プリペイドカード独特のガソリンスタンドで使えなかったりする問題点などと重なってエラーが出ると混乱して何度もやり直してしまう事があるかもしれません。

この様に無記名のままで使う事になるので、暗証番号が必要なお店では利用できないのです。

バンドルカードは無記名のままで利用できる事は使う方からすれば個人情報を渡さずに済みますので有利ですが、お店の側からするとセキュリティーが十分とは言えない面もありますので仕方がないのかもしれません。

リアルカードでカタカナ名義の署名を求められるケース

バンドルカードの名義人は無記名で申し込みができることから姓がVANDLE、名がUSERに設定されていてお買い物の際に名義人の記入が求められた場合に使用します。

また、それとは別にリアルカードの裏面の署名欄には所有者の本名を記入します。

バンドルカードに対応しているオンラインショッピングで利用する際には名義人にVANDLE USERと入力すれば問題ありませんが、一部のリアル店舗で利用する際には本名をカタカナでサインすることが求められる場合があります。

これはシステムの都合から購入者を識別するためのデータにカタカナしか利用できないケースがあり、そのような店舗ではカタカナで名義の署名が求められるケースがあります。

最近のクレジットカードでは決済をスムーズに行うために、一部の高額商品を除いてサインレスで行うのが一般的となりつつあります。

これまでに無い新たなコンセプトを持つバンドルカードを決済に利用することで、署名を求められた場合には不正利用を疑われているのではないかと懸念する声もありましたが、これはあくまでもシステムの都合であり何ら心配はありません。

日本国内では2020年を目処にキャッシュレス社会を目指しており、同じくVisaが提唱するPay WaveやライバルのMastercardのコンタクトレスをはじめとするサインレスで非接触型カードを利用したタッチ決済システムの導入が進むのと同時にバンドルカードのシステムも改修される見込みです。

現在はシステムの移行が追いついていない過渡期であり、いずれかのタイミングで改善されることが望まれます。