【バンドルカード】弁護士から督促が!?後払いが出来ないと・・・

支払いが遅れると債権回収を弁護士へ依頼!?

バンドルカードの支払いを延滞してしまうとどうなるのでしょうか。

バンドルカードはクレジットカードでは無いために、信用調査機関等と連携はしていません。そのため、一般的に言われる「金融ブラックリスト」のようなものに載ることはありません。

しかし支払い期限を過ぎても遅延が続くと、運営者であるカンム社はバンドルカードの未払い分の債権回収を弁護士へと依頼します。

そして法的に債務関係に強い弁護士とのやりとりになるのです。

こうなってくると、二度とバンドルカードの利用は出来ないようになりますし、金融ブラックリストには載らないまでも余計な遅延損害金が発生してしまいます。

あくまで『ポチっとチャージ』は翌月末迄に支払うべき後払いの契約ですので、くれぐれも無計画な利用は控えてください。

どうしても支払いが出来ないときの解決策!

支払い期限が過ぎてしまうと、最悪の場合『債権の譲渡』となり取り立てに合う可能性があります。借金の取り立てというとイメージがわきますよね。これは絶対に避けなければなりません。

そのためポチッとチャージの支払いが出来ない場合は、絶対に放置せずになるべく早く支払えるようにしましょう。

しかし、そうはいってもなかなか支払いが出来ないときもあるでしょう。そういった場合には、短期バイトで稼ぐ、一時的にカードローンで凌ぐ、知人からお金を借りるなど対応が必要です。

バンドルカードについておさらい

© 2017 Kanmu, Inc.

株式会社カンムが提供する携帯アプリ用サービスである「バンドルカード」が便利です。

Web上にのみ存在するVisaのプリペイドカードを持てるのですが、最近になって希望者で、手数料を支払いすればリアルのカード発行も可能となりました。

このカードがあれば、何らかの理由によりクレジットカードが作れない方は、クレジットカードの代用カードとして使用することができます。Visaの加盟店であれば、Web決済の通信販売サイトでもリアル店舗でもショッピングが可能です。

そしてこのカードには年齢制限がない為に、18歳未満のユーザーであってもカードを作ることができます。

そして他の類似サービスには無い、バンドルカード特有のサービスがあります。それが後払い式の「ポチっとチャージ」という機能です。

基本的にはプリペイドカードですので、カードの中にお金をチャージする必要があります。つまり前払い前提なのです。

しかし、「ポチっとチャージ」は最大2万円までを後払いにてチャージすることができ、その支払いは翌月末払いになるというものです。

このサービスはかなり人気であり、これを目的にバンドルカードを利用する人が多いくらいです。