バンドルカードの届き方は?【届かないときの確認ポイント】

NO IMAGE

「バンドルカード」とは、株式会社カンムが提供する携帯アプリ用サービスであり、利用希望者の携帯に専用アプリをダウンロード・インストールし、登録を行うことで使用できる「Visaプリペイドカード」のことです。実際にカードを所持するわけではなく、Web上にのみ存在するカードにチャージすることにより、visa加盟店でのショッピングや各種決済が可能となるサービスです。

visaとしての決済が行えるため、何らかの理由でクレジットカードを作れない方や、キャッシュレスでの生活を望まれる方などに重宝されています。このWeb上にのみ存在する「バンドルカード(Visaプリペイドカード)」ですが、最近になって300円をチャージし、それで発行手数料を支払うことによって、リアルカードが発行されるというサービスがスタートしました。もちろんこれは希望者のみのサービスであり、リアルカードが必要でない方は発生しない費用です。

リアルカードの届き方は?

バンドルカードはチャージを中心としたバーチャル用だけが主な機能ではありません。実際のお店で使用できるリアル用も存在します。リアル版バンドルカードは基本的にVISAプリペイドとして利用できるので、コンビニでの買い物での支払いや、ちょっとしたお買い物の支払いに最適です。

発行には300円の手数料がかかりますが、便利さを考えるとお手頃といえるでしょう。アプリ内で「リアルカードを発行する」を選択し、送付先を入力する事で発行の手続きが完了となります。

おおよそ2週間以内には手元にバンドルカードが届くという方式です。届き方は転送不要郵便の形式となりますから、転居届を提出していても転送されません。そのため、送付先には常に新しい住所を入力しましょう。

カードが届いた後は、忘れずにアプリ内で「新しいカードを有効にする」をチェックしましょう。加えて、セキュリティコードの入力が必要です。これらのプロセスを完了したのちに、リアル版が使用出来るようになります。

使い方は、レジにてバンドルカードを提示し、売上票には自分のサインを記します。売上票の控えとバンドルカードを忘れずに受取れば使用出来た事になりますので、非常に簡単に使う事が可能です。

バンドルカードが届かないときの確認ポイント

携帯アプリであるバンドルカードの登録方法は、もの凄く簡単であり、アプリをインストールして、登録作業を行い、そして使用できるまでの時間は約10分程度です。そのスピード感と同じような感覚でリアルカードの発行を考えてしまうと、実際にカードが到着するまではかなり長く感じてしまいます。

このバンドルカードのリアルカードを発行した人で「カードが届かない」という声がチラホラあると聞きますが、お届けの目安としては1週間から2週間と言われており、Web上の手続きと比べると非常に長いです。お届けには振り幅があるため、最速の1週間ではなく、2週間程度かかるということを前提に考えられることをおすすめします。

更にこのリアルカードは、転送不要郵便での配達になるため、例え受け取り主が転居届を郵便局に出していても届かないという仕組みになっています。この場合だといくら待ってもカードが届くことがないので、このあたりには十分注意しましょう。

まとめ

バンドルカードとは、アプリをインストールする事で使用出来るサービスの事です。インターネット専用で使用出来るバーチャル用と、実際のお店で使用が出来るリアル用のふたつの種類が存在します。

発行の際に年齢制限はなく、未成年の場合は保護者の同意が必要となるだけです。審査も無いため誰でも気軽に使えるというメリットがあり、今人気のサービスと言われています。新しい「ポチッとチャージ」機能は特に若年層の支持を集めており、翌月末までに支払いが出来ればその場で2万円までチャージする事が可能です。

チャージした金額は、翌月末までにコンビニまたはATMで支払う事が出来ます。支払いの回数は1回のみですが、手軽な事もあり学生などの間からも人気があります。