バンドルカードの利用明細の確認方法と【知らないとヤバイ注意点】

NO IMAGE

バンドルカードはいろいろなところで小額でも使えるので、実際に使う機会も多く利用履歴を確認することが大切です。明細をいつでも簡単に見ることができれば、どれだけ使ったのかや残金の確認もできるので計画的な使用や、残金切れを予防することもできます。

バンドルカードの利用明細の使い方

バンドルカードの利用履歴は簡単に確認できるので管理もしやすいですし、万が一身覚えのない請求があった場合も、早期に発見できる利点もあります。うまく活用すれば使い勝手が良くて安心な決済方法になりますので、まずは使ったら履歴を見る機能を使って確認してみましょう。わかりやすい表示になっていますし、チャージの履歴もわかるので利用だけではなく全体の流れも把握できます。

利用明細の確認方法

利用明細をチェックするのはとても簡単で、ホームから一覧のようになってみることができます。

まずトップに残金が表示されていて、どのくらい残っているのかを一目瞭然でわかります。

その下に利用明細が載っていて、文字の色で黒色は出費、そして利用金額で緑色はチャージを意味しています。表示されるのは日時と使用先とその金額です。

これだけでもいつどこで何に使ったのかがわかりますが、さらに細かく1つ1つの明細を見ていきたいときには、該当の明細部分をクリックすると詳細が表示されます。

利用明細の反映タイミングに注意しよう

このバンドルカードの利用明細で注意したことは反映するのが使うお店によって異なることです。基本は更新頻度は1分程度なので即座に情報が出てきます。端末の更新を行うことで情報は随時、追加されていきます。

ただ、ネット通信販売などは決済を行うのは注文した時ではなく、実際に商品を発送する直近が多いです。そのため注文後すぐに見ても情報は反映していません。

発送した連絡があってから見ると情報が出てきていることが多いので、タイミングを確認したほうが良いでしょう。

決済する側からするとバンドルカードもクレジットカードの決済と同じなので、すぐに決済するとは限りませんので反映するタイミングも異なってきます。

バンドルカードのおさらい

今、若い方を中心に急速に普及しているプリペイドカード型のアプリがあります。それはバンドルカードといわれるアプリであり、1分から2分程度で簡単に発行できるバーチャルカードとして注目を集めています。

利用手続きが通常のクレジットカードや各種ローンの様なものと比較しても大変シンプルで分かりやすいのが特徴です。手持ちのスマートフォンでアプリのダウンロードを行い、ユーザーIDやパスワード、生年月日や電話番号の登録などを行うことでアプリ上にバーチャルカードが発行されすぐに利用が可能となります。

面倒な審査も不要であり、発行にかかる手数料や年会費といったものもかかりません。バンドルカードはクレジットカードを持っていない方がネット決済を行う上で非常に便利です。クレジットカードを持たない方がネットでの決済を利用する際は代引きやコンビニ決済を利用するケースが多いですが、その場合は手数料などの余計な費用も掛かってしまいます。

ところがバンドルカードなら、アプリをダウンロードして登録とチャージを行うだけで非常にスムーズなネット決済が可能となるのです。さらに最近では主にコンビニやスーパー、飲食店などの様な実店舗でも使用できるプラカードタイプのものもできています。

登録そのものはバンドルカードと同様にアプリ上で必要事項を登録しますが、バーチャルカードと同様に非常に便利であり、こちらも利用者が増えています。また、新サービスである後払い式のチャージ方法が人気であり、手元にお金がなくても3,000円から20,000円の金額をチャージして使用できるため、急ぎで支払いを済ませたいけど手元に現金がないという方や、どうしても欲しい商品があるけどクレジットカードを持っていないという方にとってもおすすめです。

チャージの上限も上限が低額なため、使いすぎてしまう心配もありません。なお、使用した商品や金額に関しては加盟店や日付、金額は全て利用明細をアプリで簡単にチェックできるのも便利な点と言えます。